ミキサー(みきさー)


2月 26th, 2009 by uchida

audio_mixer.jpg

ミキサー(Mixer)とは、複数の音声を1つ(もしくは複数)に合成する機械。

よくあるのは、ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムの音を1つ(もしくはステレオ)に合成して出力するといったような使い方。もちろん、5.1ch出力などが可能な機種もある。

大抵の機種は、手前の方にフェーダーという音量を調整するスライド式ボリュームが付いている。

沢山のつまみやボタンが付いているので、使うのがとても難しい機械のような気がするが、それほどでもない。

アイラン(あいらん)


1月 26th, 2009 by uchida

岩崎電気製造の照明器具、EYE LAMP(アイランプ)の略称。

EYE LAMP(アイランプ)


1月 26th, 2009 by uchida

http://www.iwasaki.co.jp/product/light_source_info/tokushu_lamp/a_photo_syosai.html
http://www.iwasaki.co.jp/product/light_source_info/tokushu_lamp/a_photo_syosai.html

岩崎電気が製造する主にスタジオで使われる照明器具の事。W数、光の拡散の具合、光源の違いによりいくつか種類がある。

手書き(てがき)


1月 4th, 2009 by uchida

TVの世界で手書きといったら、「手書きテロップ」の事です。

写植やアウトラインフォントにはない、独特の味わいがあります。

番組タイトルなどに多様され、ロゴデザインをかねたものも多くありました。

最近では、手書き風のフォントやCGを活用する事が多くなりました。

多くは黒紙にプロのデザイナーさんがポスターカラーなどを使い筆で書いています。まさに職人技です。

 

キャノンコネクター(きゃのんこねくたー)


12月 20th, 2008 by uchida

canon_connector.jpg

キャノンコネクターとは、ITT-CANNON社が開発したXLR型コネクター及びその互換製品の事。3つのピンがあり、オスとメスがある。

主に音声用に使われているが、電源用などに使われる事もある。

日本の光学機器メーカー「キヤノン(ヤは大文字)」とは無関係である。

http://www.ittcannon.co.jp/product/audio.html
http://www.ittcannon.co.jp/product/audio.html
アイティティキャノン社によるキャノンコネクター(キャノンプラグ)の解説ページ

ロケ車(ろけしゃ)


12月 10th, 2008 by uchida

ロケで使う車の事。普通はスタッフが乗って移動する車の事を指すが、ドラマなどで撮影に使う「劇中車」の事をロケ車という人もたまにいる。

パラ回し(ぱらまわし)


11月 30th, 2008 by uchida

複数台のカメラで同時に撮影した映像を、撮影したカメラと同じ台数のVTRで収録する事。要するに、撮影したもの全部を録画するやり方。必然的に、編集の段階でどの映像を使うのか、決める事になる。

パラ回しの「パラ」はParallel(英語で平行の意味)の略。「回し」はVTRを回す事。

⇒スイッチング収録
⇒アイソレーション収録

ベクモニ(べくもに)


11月 24th, 2008 by uchida

ベクトル・スコープの略語。

本当は、ベクスコとでも略すのだろうが、ベクモニで定着している。

ベクトル・スコープ(べくとる・すこーぷ)


11月 24th, 2008 by uchida

英語だとVector Scope。

簡単にいうと、ビデオ信号の色相や色の濃さを表示する機械である。

アナログ時代のビデオは、ダビング時によく色が回って肌色が黄色がかったり緑がかったりしてしまった。その色を調整するときに使う。

デジタル時代になって、ダビング時の劣化が激減した事から、制作側の人間が意識して使う事はほぼなくなった(技術の人は当然必要)。

プロ用のノンリニア編集ソフトでは、ベクトル・スコープの表示機能を内蔵している物が多い。

ハケモニ(はけもに)


11月 24th, 2008 by uchida

波形モニターの略語